逆流性食道炎について | 森ノ宮胃腸内視鏡 ふじたクリニック 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-1-30 ビエラ森ノ宮3F

 トップページ > 消化器一般 > 逆流性食道炎について

消化器一般

逆流性食道炎について

2分でわかる逆流性食道炎動画

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、名前の通り「胃の中の胃酸などが食道に逆流して炎症を起こす病気」のことです。
本来、胃の中の胃酸や食物が食道に逆流しないように、食道と胃の間は筋肉(下部食道括約筋)で閉まっています。食べ物を飲み込んだ時に筋肉が緩んで、食道から胃に落ちます。
ところが、何らかの原因で、食べ物を飲み込む時以外でこの筋肉のしまりが緩むと食べ物や胃酸が食道へ逆流してしまいます。その強い酸のために食道に炎症を引き起こします。(なお、胃自体は粘液を作って胃酸から自分を保護しています)
主な症状としては、呑酸症状や胸焼け、みぞおちの痛みがあります。喉まで胃酸が逆流してきた場合、のどの違和感や、喘息のような咳症状が出ることがあります。

逆流性食道炎の原因

原因として大きく 3つに分類できます。

  • ①食道と胃の締りが悪くなった。
  • ②胃に圧がかかる。
  • ③胃酸多く出る。

逆流性食道炎

①一番大きな原因として、食道裂孔ヘルニアというものがあります。
これは胃の一部が横隔膜の穴を通って食道側にはみ出してしまうものです。これは解剖学的に体質のようなもので、手術以外には治りません。
他にも加齢や血圧を下げる薬の副作用で、筋肉の締りが悪くなることがあります。

②お腹に圧がかかりやすくなると、食道への逆流が起こりやすくなります。
その原因としては、暴飲暴食や、肥満でお腹が押されたり、お腹に力を入れたり、前かがみの姿勢などがあります。
また便秘でも腸から胃へ圧力がかかります。

③アルコール、高タンパク食、高脂肪食、コーヒーなどは胃酸分泌を亢進すると言われています。 空腹時には避けた方がよいでしょう。コーヒーは飲むなら食後に飲みましょう。 近年はピロリ菌に感染する割合が減り、胃が健康=胃酸分泌が多い人が多く、逆流性食道炎の患者さんは増えています。 またピロリ菌治療後に胃酸分泌が促進され、逆流性食道炎にかかることもあります。

逆流性食道炎の診断

症状でもある程度は診断がつくのですが、正確に調べるには胃カメラを行います。
ピンク色が食道粘膜で、左の画像の赤い線に見えるのが全て炎症によるものです。

逆流性食道炎の治療法

治療法は、大きく2つあります

  • ①生活習慣の改善
  • ②内服薬

①生活習慣の改善としては先ほどの「逆流性食道炎の原因」から考えると、暴飲暴食を避けること、肥満の方は体重減少を、便秘解消を行うことが大切になってきます。
また食後2~4時間は食べ物が胃に残っているので、その状態で横になると重力の関係で逆流しやすくなります。その間は横にならないようにします。

②胃酸分泌を抑える薬で治療を行います。プロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカーなどがあります。 その他の内服薬として、胃腸の運動を促進させる薬や不安を和らげる薬などが処方されることもあります。

胃カメラのネット予約はこちら

大腸カメラのネット予約はこちら

検査結果の診察予約はこちら