粘膜下腫瘍について | 森ノ宮胃腸内視鏡 ふじたクリニック 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-1-30 ビエラ森ノ宮3F

  1. トップページ
  2. 胃腸の病気
  3. 粘膜下腫瘍

胃腸の病気

粘膜下腫瘍について

粘膜下腫瘍とは文字通り「粘膜の下に」発生する腫瘍のことです。
(通常、ポリープやがんは「粘膜の表面」から発生します。)

粘膜下腫瘍は、その組織によって「異所性膵(迷入膵)」「平滑筋腫」「GISTジスト」「リンパ管腫」などがあります。
またごくまれに、粘膜の下にがん細胞が起こることもあります。

症状

ほとんど症状がありません。多くの場合、バリウム検査や胃カメラで偶然発見されます。
腫瘍が大きくあると、胃もたれや、つかえ感が出ることがあります。
また腫瘍が大きく、潰瘍が出来ると、出血や腹痛といった症状がでることがあります。

診断

胃カメラにて、粘膜下腫瘍があるのか、部位、大きさ、表面の構造を観察します。
腫瘍は「正常粘膜」に覆われていることが多く、生検組織診断では診断がつかないことがあります。
診断を確定するには、超音波内視鏡で組織吸引穿刺(EUS-FNA)を行うことがあります。
ただ出血などの合併症もあり、専門機関で、腫瘍が大きくなってから検査を行います。
そのほかに造影CTを行うこともあります。

治療

粘膜下腫瘍の最終的な治療は、内視鏡的または腹腔鏡で切除することです。
ただし大きさが小さく(1~2㎝まで)変化がない場合は、経過観察で年に1~2回胃カメラで大きさをフォローすることがほとんどです。
腫瘍が5㎝以上、大きさが増大傾向、症状を伴う、潰瘍を形成する、などの所見があれば手術を行うことがあります。

胃カメラのネット予約はこちら

大腸カメラのネット予約はこちら

検査結果の診察予約はこちら